夏期・最新セミナー案内 

2017年 生活経営学部会夏期セミナーのご案内

生活経営学部会では、下記のとおり、夏期セミナーを開催いたします。是非、下記日程をご予定下さい。
多くの方のご参加をお待ちしております。

【主 催】

生活経営学部会

【日 時】

2017年8月25日(金)・26日(土)

【会 場】

昭和女子大学
大学8号館5階5L44教室 (東京都世田谷区太子堂1-7-57)

【スケジュール】

第1日目 8月25日(金)
11:30~13:00 新旧役員会
13:00~15:00 自由論題報告
15:00~16:00 生活経営学部会総会
16:00~17:00 若手の会

 

第2日目 8月26日(土) <一般公開>
公開講演会&シンポジウム

【テーマ】

シェアリング・エコノミーと生活経営
10:00~10:10 部会長挨拶
10:10~10:15 趣旨説明
10:20~11:50 基調講演
 シェアリング・エコノミーと家計管理  伊藤宏一氏(千葉商科大学)
<11:55~12:55 昼食休憩>
13:00~16:30 シンポジウム
 テーマ:シェアリング・エコノミーと生活経営
13:00~13:30 1.家庭経済とシェアリング・エコノミー
重川純子(埼玉大学)
13:30~14:00 2.持続可能性とシェアリング・エコノミー
大藪千穂(岐阜大学)
14:00~14:30 3.コミュニティとシェアリング・エコノミー
花輪由樹(平安女学院大学)
<14:30~14:45 休憩>
14:45~16:15 フロアとの討論
16:15~16:30 まとめ

【費 用】

25日・26日両日の参加費(要旨集代含む):
部会員,非部会員とも3,000円,学生1,000円
26日の公開基調講演・シンポジウムのみの一般参加者:無料 

※(一社)日本家政学会活動助成を受けています。

【本件問い合わせ先】

生活経営学部会事務局 (e-mail : jshe-frm@jshe-frm.jp)

公開講演会テーマの趣旨

 生活の共同の新しい仕組みとして、「モノ」や「サービス」を交換・共有する経済活動である「シェアリング・エコノミー」が、近年注目されている。この経済活動の利点は、資産の有効活用、安価でのサービス利用、さらに環境への負荷の削減であるといわれている。そして、この活動は、ソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することができるとされている。インターネットで広がる消費の新しい仕組みを政府は新しい経済戦略として位置付けており、消費を重要な研究の柱の一つとする生活経営学においても、この動きをどのように受け止めるのかを検討する必要がある。
「シェアリング・エコノミー」の進行は、人々の消費スタイルを単独所有から共同利用へと変化させる。その場合、生活経営の生活組織の資源管理と、生活組織の内外の境界領域の調整といった機能は、新しい経済活動の進行によって新たな枠組みが求められる。さらに、他人同士が資産を共有するためのトラブルの発生など、新たな生活のリスクへの備えも求められる。
そこで、「シェアリング・エコノミー」の第一人者である伊藤宏一氏を基調講演者に迎え、この経済活動が生活にもたらす影響についての知見を共有したい。そのうえで、生活経営学会員のシンポジストによる「シェアリング・エコノミーと生活経営」をテーマに、家庭経済、持続可能性、コミュニティの視点から、これからの生活経営のあり方を展望したい。
皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

過去のセミナー

■2016年夏期セミナー
■2015年夏期セミナー
■2014年夏期セミナー
■2013年夏期セミナー
■2012年夏期セミナー
■2010年夏期セミナー
■2009年夏期セミナー
■2008年夏期セミナー
■2007年夏期セミナー
■2006年夏期セミナー
■2005年夏期セミナー
■2004年夏期セミナー
■2002年夏期セミナー