部会長あいさつ

2020年10月

生活経営学部会について

(一社)日本家政学会生活経営学部会
部会長 重川 純子


 この度、2022年8月までの2年間、部会長を務めることになりました。何卒よろしくお願いいたします。
 1970年に発足した家庭経営学部会(現生活経営学部会)は50周年を迎えました。10年ごとの周年記念には研究成果に基づく書籍が発刊されてきており、この8月にも『持続可能な社会をつくる生活経営学』(朝倉書店)が発刊されました。2020年の夏期のセミナーは、COVID-19感染拡大防止のためウェブ開催でした。当初は50周年を祝う懇親会も予定されており、会員相互の対面的な交流ができなかったのは残念でしたが、これまで時間的・空間的制約で参加が難しかった多くの方がセミナーに参加され、新しい方法の可能性を感じることもできました。
 コロナ禍下、また収束後の生活のあり方が社会的関心事となっており、生活課題の明確化・解決に資する生活研究の必要性も一層高まっています。
 部会活動の活性化に向け、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。