会誌「生活経営学研究」

生活経営学部会は、設立以来、投稿論文、学術活動情報などを主な内容として、毎年1回、会誌を発行してきました。
過去の会誌の内容については、以下の通りです。
なお、バックナンバーの残部があるものもありますので(No.39~41号送料込 各1,500円、No.42~53号送料込 各2,300円)、詳細はe-mailにて、事務局にお問い合わせください。

『生活経営学研究』No.53(2018年3月刊)

【特集】

シェアリング・エコノミーと生活経営

【特集によせて】

久保 桂子

【特集の趣旨】

赤塚 朋子・上村 協子

【基調講演】

シェアリング・エコノミーの展望
-共有資本化とライフプラン3.0における家計管理-・・・伊藤 宏一
家庭経済からみるシェアリング・エコノミー・・・重川 純子
持続可能性とシェアリング・エコノミー~環境の視点から~・・・大藪 千穂
コミュニティとシェアリング・エコノミー・・・花輪 由樹

【総括討論】

上村 協子・赤塚 朋子

【投稿論文】

デイサービスセンター併設小学校における小学生の高齢者との世代間交流・・・門馬 愛・重川 純子

【投稿資料】

韓国の多文化家族支援センターの役割と健康家庭支援センターとの統合における課題・・・鄭 暁静・大竹 美登利

【学術活動情報】

第19回ARAHE国際大会(東京)参加報告・・・今川 真治

【新刊書
書評・文献紹介】

■書  評:
『子ども消費者へのマーケティング戦略』天野恵美子(編著)・・・石橋 愛架
■文献紹介:
『字幕とメディアの新展開 多様な人々を包摂する福祉社会と共生のリテラシー』(柴田邦臣・吉田仁美・井上滋樹編著)・・・小野 恭子
『キャリア・デザインと子育て―首都圏女性の調査から』(石井クンツ昌子監修「子の発達段階に応じたキャリア・デザイン」研究会坂本有芳編著)・・・石川 周子
『市民社会をひらく家庭科』(大学家庭科教育研究会編)・・・福田 豊子

【会務報告】

2017年度 生活経営学部会総会報告
2017年 生活経営学部夏期セミナープログラム
2017年 生活経営学部夏期セミナー参加者名簿,論文投稿規定および執筆要領,入会申し込み要領,学位取得の報告要領,投稿論文募集等
2018年 生活経営学部夏期セミナー予告…………………………………………………………………

『生活経営学研究』バックナンバー

■『生活経営学研究』No.52(2017年3月刊)
■『生活経営学研究』No.51(2016年3月刊)
■『生活経営学研究』No.50(2015年3月刊)
■『生活経営学研究』No.49(2014年3月刊)
■『生活経営学研究』No.48(2013年3月刊)
■『生活経営学研究』No.47(2012年3月刊)
■『生活経営学研究』No.46(2011年3月刊)
■『生活経営学研究』No.45(2010年3月刊)
■『生活経営学研究』No.44(2009年3月刊)
■『生活経営学研究』No.43(2008年3月刊)
■『生活経営学研究』No.42(2007年3月刊)
■『生活経営学研究』No.41(2006年3月刊)
■『生活経営学研究』No.40(2005年3月刊)
■『生活経営学研究』No.39(2004年3月刊)
■『生活経営学研究』No.38(2003年3月刊)
■『生活経営学研究』No.37(2002年3月刊)
■『生活経営学研究』No.36(2001年3月刊)
■『生活経営学研究』No.35(2000年3月刊)
■『生活経営学研究』No.34(1999年3月刊)
■『生活経営学研究』(「家庭経営学研究」改題)No.33(1998年 3月刊)
■『家庭経営学研究』No.32(1997年3月刊)
■『家庭経営学研究』No.31(1996年3月刊)
■『家庭経営学研究』No.30(1995年3月刊)

執筆新刊書お申し出のお願い

『生活経営学研究』では、毎号、会員執筆による新刊書の紹介を掲載しております。
執筆新刊書のお申し出用紙のダウンロードはコチラ
(wordファイル/28KB)